*
「宝塚」巻頭ページ へ
*
前ページ」へ戻る
 
HOME
     
     
0934  チェーザレ・ボルジア  月組 久世星佳 風花 舞
0936  プレ・スティージュ 
0937  銀ちゃんの恋 
0935  バロンの末裔   1996年
 宝塚大劇場
20世紀初頭、貴族階級の支配が崩れ去り、資本家が台頭してきたイギリス・スコットランドを舞台に、男爵家の兄弟と兄の婚約者の恋の行方を軸にダンディーな男の生き方を描く。久世星佳のサヨナラ作品。
1307  グランド・ベル・フォーリー  1997年1月6日
 宝塚大劇場
新世紀に向かって今一度宝塚を振り返るという宝塚歌劇のレビュー・ルネッサンスの意向のもとに生まれた。パリレビューを現代風にアレンジ、月と花をテーマに物語性をもたせたシャープでリズム感あふれる楽しいショー。久世星佳のサヨナラ公演としても注目された。
     
1676  凍てついた明日
   ボニー&クライド
雪組 香寿たつき 月影瞳  1998年10月16日
 バウホール公演
映画「俺たちに明日はない」で名高いギャング、クライドとボニーの物語をオリジナル作品とした
1785  サザンクロス・レビュー II 星組 渚 あき  2001年12月 香寿たつきトップお披露目公演。'97年に花組で上演され大好評を博したダンシングショーを、更にスケールアップ
1785  プラハの春  2002年5月17日
 宝塚大劇場
1968年、ソ連侵攻直前のチェコスロバキアを舞台に、日本人外交官と東ドイツの反体制活動家の許されぬ恋を中心に自由を求めて戦う若者たちの姿を描いた、春江一也氏原作のベストセラー小説をベースに宝塚風にアレンジした作品。
1786  Lucky Star! 香寿たつきの華やかなダンスと安定した歌唱力、その力の全てをバラエティに富んだ場面により引き出す、エンターテイメント性溢れるレビュー作品。
2039  バビロン 
    〜浮遊する摩天楼〜
 2002年
 宝塚大劇場
香寿たつきと渚あきの退団作品で、古代の魔都の名を冠したレビュー。香寿の類稀な歌唱力と洗練されたダンスをふんだんに盛り込み、星組メンバーの魅力を余すところなく伝える
2017  ガラスの風景  2002年 宝塚大劇場 トップコンビ香寿たつき・渚あきのサヨナラ公演。イタリア北部の別荘地での社交界の人間模様と、そこで起こる事件を描いたサスペンス仕立ての恋物語
1744  タカラジェンヌ 広州に踊る
第一部 舞踊劇「蝶・夢」(ディエ・リェン)
    〜燃え尽きるとも〜
第二部 ダンシング・ファンタジー
「サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」
 2002年10月
 麗江明珠歌劇院
日中国交正常化30周年記念
宝塚歌劇第2回中国公演
舞楽司として身を立てんと夢を抱く二人の若者、雪若と霧音。固いきずなで結ばれた二人の行末にあるものは・・
2360  王家に捧ぐ歌 星組 湖月わたる 安蘭けい  2003年8月8日
 宝塚大劇場
マイヤ・プリセツカヤを振付に迎え、オペラで有名なベルディ作曲の「アイーダ」を宝塚バージョンとして上演。初の娘役に挑戦した安蘭けいも話題を呼んだ。
2988  サザンクロスレビュー III 壇れい  2003年
 さいたま市文化センター
トップお披露目公演。ラテンの陽気なリズムに乗せてダイナミックに贈る、ファンタジック・ショー
2552  1914/愛  2004年3月5日
 宝塚大劇場
宝塚が誕生した1914年。フランスを舞台に戦渦のなかを生きる芸術家たちの青春群像を描いた作品
2799  ドルチェ・ヴィータ  2004年宝塚大劇場 50〜60年代のイタリアをイメージした華やかなショー。ヴェネツィアのリアルト橋を模した大掛かりなセットに、カーニバルの衣装を着た人物が並ぶオープニングは圧巻
2766  長崎しぐれ坂  2005年6月
 宝塚大劇場
専科から轟悠が特別出演し、星組トップ・湖月わたるの相手役、檀れいの退団公演となった話題作。幼なじみの3人の男女が全く違う境遇となって再会したことから起こる愛憎劇を江戸末期の異国情緒溢れる長崎を舞台に展開する物語
2767  ソウル・オブ・シバ!! この世に舞を生み出したとされるシバの魂が一人の青年に吹き込まれ、その崇高なダンス精神が人々に夢と興奮を与えていく
3283  ベルサイユのばら
 フェルゼンとマリーアントワネット編
白羽ゆり  2006年1月3日
 兵庫 宝塚大劇場
マリーアントワネット生誕250周年を記念した本作では、彼女とフェルゼンの愛と運命を中心に描いた。トップ・コンビお披露目公演。
3445  ネオ・ダンディズム! −男の美学−  2006年 湖月わたる サヨナラ公演。宝塚の男役の美学を追求し、激しいダンシング・シーンや熱いストーリー・バレエで構成されたロマンチック・レビュー。
4152  ルパン三世−王妃の首飾りを追え!−  雪組 早霧せいな 咲妃みゆ  2015年 AVCREC 雪組トップコンビ大劇場お披露目公演
4155  星逢一夜(ほしあいひとよ)   2015年8月 宝塚大劇場 AVCREC 第23回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した上田久美子の大劇場デビュー作。雪組の伝統である日本ものミュージカル。江戸中期を舞台に、身分を超えた恋愛・友情を、切なく哀しい情感とともに繊細に描く。
4278  La Esmeralda
 バイレ・ロマンティコ  ラ エスメラルダ
 2015年8月 宝塚大劇場 AVCREC
 ニュー・マーク
エメラルドの水平線を基調とする、ラテン・ムードとヨーロッパのエレガントさをあわせもつ明るく情熱的なレビュー。
4263  るろうに剣心   2016年 AVCREC
 ニュー・マーク
和月伸宏の大ヒットコミックを初ミュージカル化。大きな話題になった本作を、2017年7月23日(日曜日)に惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団する雪組トップスター・早霧せいなが演じる
0942  白夜伝説  星組 紫苑ゆう 白城あやか  1992年6月上演   お披露目公演 
0943  ワンナイト・ミラージュ   1992年6月上演 
 DIGITAL Hi-Vision
0940  若き日の唄は忘れじ   1994年2月上演 
 DIGITAL Hi-Vision
0941  ジャンプ・オリエント ! 
0938  カサノヴァ夢のかたみ   1994年8月12日
 〜 9月26日
 サヨナラ公演
0939  ラ・カンタータ   1994年8月30日  カンタータとは「交声曲」の意で、「讃歌」をさす。宝塚の伝統的な華やかなデビュー。紫苑のサヨナラ公演。
0945  フェイク・ラブ 
   〜愛しすぎず 与えすぎず〜 
月組 姿月あさと 大和悠河  スクイーズ収録  '50年代のアメリカを舞台に繰り広げられるハード・ボイルド・ラブ・ロマンス
0948  エクスカリバー 
  〜美しき騎士たち〜
宙組 花總まり  1998年4月 中世イングランドを舞台に、伝説のアーサー王の聖剣「エクスカリバー」が再び現れ、新たな王が誕生するまでを描く。宙組としての宝塚大劇場第1作
1199  シトラスの風 誕生、飛翔、若葉などをテーマとした色彩感に富んだレビュー。姿月と新しく誕生した宙組自身のお披露目となった。
0947  香港に魅せますタカラジェンヌ 
3411  夢幻宝寿頌  1998年1月22日
 香港
 カルチェラルセンター
松本悠里特別出演。宝塚の日本物レビューの特色である四季の花々をテーマに、日本の美しさが溢れる豪華レビュー。
1122  バウ・ボヤージュ!   1998年上演 宝塚バウ・ホール開場20周年を記念して、バウの歴史を讃えて贈るスペシャルコンサート
1171  激情〜ホセとカルメン  1999年7月30日上演 フランス人作家のメリメは、スペイン・アンダルシアの旅で出会った数奇な運命のドン・ホセ伍長をモデルに小説を書くことを決める。−−時は春。セビリアの祭りでホセは情熱的な瞳の踊り子カルメンと出会う・・
3282  ザ・レビュー '99  1999年上演 昭和52年に「モン・パリ」50周年記念として上演され、その年の芸術祭優秀賞に輝いた名作をベースにしたショー。1977年に初演された作品の初演のエスプリを生かしつつ現代の感覚で再構成した大型グランド・レビューで、タカラヅカのレビュー本来の豪華で華麗な美しさが味わえる。
1058  レビュー・アラビアンナイト 
    〜砂漠の黒薔薇
 スクイーズ収録 
 2000年1月1日上演
 サヨナラ公演
1354   GLORIOUS!!−栄光の瞬間−  2000年1月・宝塚大劇場 アメリカで生まれた音楽を振り返りながら構成し、未来へのエネルギーを謳う、若さ溢れるショー。宙組初代トップスター姿月あさとの退団公演。
1147  グロリアスデイズ 
    & プライベートタイム
 メモリアル特番
3746  大海賊
  〜復讐のカリブ海〜
月組 紫吹淳 映美くらら  2001年 東京宝塚劇場 カリブ海を舞台に繰り広げられる愛と冒険の物語。紫吹淳の月組主演お披露目作品となるが、この年の1月1日に開場した新東京宝塚劇場のこけら落とし公演を月組が担当し新しい作品を上演したのと、前任の真琴つばさが宝塚大劇場公演を最後に退団した為、紫吹は新しい作品で東京でのお披露目となった。
2899  ジャズマニア 2000年の作品を、ダンスに定評のある当時の新トップスター・紫吹淳に合わせてアレンジ。ジャズの誕生から現在までを、スタンダードなナンバーで綴るグランド・ショー
2114  長き春の果てに  2002年 宝塚大劇場 現代のパリを舞台に、脳外科医とピアニスト志望の病弱な少女との恋をドビッシー、ショパンなどの旋律にのせて描く
2226  シニョール ドン・ファン  2003年4月25日
 宝塚大劇場
ミラノのファッション業界を背景に巻き起こるヨーロピアンテイストたっぷりの“愛の寓話”ミュージカル
2800  宝塚舞踊詞
  「花の宝塚風土記」〜春の踊り〜
歌舞伎の創始者といわれる出雲阿国の舞踊歌舞伎から女歌舞伎・若衆歌舞伎・野郎歌舞伎と歌舞伎の変遷を宝塚風にアレンジした可憐なショー。 第89期初舞台生による初々しいラインダンスも見どころの一つ
2289  薔薇の封印−ヴァンパイヤ・レクイエム−  2004年3月9日
 宝塚大劇場
紫吹淳サヨナラ公演。吸血鬼“ヴァンパイヤ”の運命を、4つの時代を巡るオムニバス形式で描いた宝塚オリジナル・ミュージカル
0949  メモリー・オブ・ユー  月組 涼風真世 麻乃佳世
0950  銀の狼 
0951  ブレイク・ザ・ボーダー 
1501  PUCK パック  1992年 宝塚大劇場 妖精パックは人間に自分の姿が見えないのをいいことに貴族のグレイビル家にもぐりこみ、イタズラ三昧。だが当主の孫娘ハーミアだけにはパックの姿が見え、楽しく語らうことができた。それから9年の歳月が流れ・・・
1353  ベルサイユのばら
     オスカル編
天海祐希
(アンドレ)
 1991年4月上演 究極のオスカルと評判を得た。天海祐希のアンドレが見られる
0952  海鳴りにもののふの詩が  星組 瀬戸内美八 東 千晃  1978年11月上演 
0953  オリフェスの窓 イザーク編 榛奈由梨
2247  マノン 花組 瀬奈じゅん 彩乃かなみ  2001年5月4日
 バウホール公演
19世紀のスペイン南部を舞台に、貴族出身の青年ロドリゴと美しく情熱的な女性マノンの純愛をフラメンコのダンスをからめて描いたミュージカル
3081  Ernest in Love 月組  2005年7月15日
 大阪
 梅田芸術劇場
 メインホール
瀬奈じゅん&彩乃かなみトップお披露目公演。オスカー・ワイルドの喜劇「まじめが肝心」を原作に、田舎の貴族アーネストとロンドンの貴族令嬢グゥエンドレンの恋がキュートに展開
3015  JAZZYな妖精たち  2005年10月
 宝塚大劇場
アメリカに夢を求め移民してきたアイルランドの若者達が、社会の中で生きて行くうち、いつのまにか忘れ去った純真な心を妖精の力によって取り戻すファンタジックなミュージカル。
3520  REVUE OF DREAMS  2005年10月14日
 宝塚大劇場
月組のトップコンビ瀬奈じゅん、彩乃かなみの宝塚大劇場お披露目公演となったレビュー。若者たちの夢を追い求める姿を、歌と踊りに託して繰り広げるダンシング・ショー
3603  レ・ビジュー・ブリアン
   −きらめく宝石の詩−
 2006年5月26日
 宝塚大劇場
轟悠(専科)特別出演。「追憶=こはく」など、宝石の持つイメージをテーマに、人生の瞬間をドラマチックに構成した豪華レビュー
3409  マジシャンの憂鬱  2007年9月14日
 宝塚大劇場
ダンディーなマジシャンと皇太子妃の侍女が、皇太子妃の事故死の事件解決に当たる。個性の違う男女が心を通わせる過程を描いた華やかなミュージカル
3410  MAHOROBA−遥か彼方YAMATO 古事記の世界を題材に、伝統能・民族舞踊を取り入れ、古典のエッセンスを凝縮した舞踊劇。
3783  グレート・ギャツビー 城咲あい  2008年9月13日
 東京 日生劇場
世界文学史上最高傑作の一つと数えられる名作「グレート・ギャツビー」をミュージカル化。愛する女性のためにアメリカン・ドリームを実現させた男の半生を瀬奈じゅんが好演
3744  源氏物語千年紀頌
   「夢の浮橋」
霧矢大夢《男役》  2008年12月5日
 宝塚大劇場
源氏物語の最終章「宇治十帖」をもとにした作品で、光源氏の孫にあたる匂宮、匂宮と兄弟のように育った薫、そして二人の貴公子から想いをよせられる浮舟の三人の切ない恋の物語。
3745  Apasionado!!
   アパショナード
熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎など、様々な「熱」の形を具体化したエネルギッシュなダンスショー。
     
3606  ジュテーム 花組 高汐 巴 若葉ひとみ  1984年 「CSデジタル」放送。女性賛歌をテーマにし、恋への憧れを美しく描いた、優しさと温かさに満ちたレビュー
0954  あの日薔薇一輪  秋篠美帆  1987年9月上演 
0955  仮面のロマネスク
   −ラクロ作「危険な関係」より−
雪組 高嶺ふぶき 花總まり  1997年 19世紀動乱のフランス宮廷を舞台にした、青年貴族ヴァルモンと若き未亡人メルトゥイユ公爵夫人による、恋の悪巧み。原作はラクロの近代フランス心理小説の傑作「危険な関係」
0956  虹のナターシャ 
0958  ゴールデン・アイ 
0959  La Jeunesse!  1996年9月13日上演 ラ・ジュネスは仏語で青春を意味し、青春の激しさや不安、懐かしさと切なさ、希望や夢、愛などを、バラエティー形式に構成した作品で、ロマンチック・レビューの第10弾
0957  ゴールデン・デイズ   1997年・宝塚大劇場 アメリカがもっともアメリカらしく魅力的だった‘30年代。その時代のアメリカンドリームの輝き、若さ、エネルギーを、ジャズのリズムとスピリッツにのせたレビュー。83期初舞台生40名も登場。
0960  たまゆらの記  雪組 平 みち 神奈美帆  1988年6月上演  奈良時代の宮廷、幼なじみの長屋王の息子・安宿王や安宿媛(後の光明皇后)が政権争いに巻き込まれていく姿と悲恋を描く。
0961  ダイナモ! 
0962  二都物語  月組 大地真央 黒木 瞳  さよなら公演 
1788  ザ・レビュー II
  〜 TAKARAZUKA FOREVER 〜
 DIGITAL Hi-Vision
1832  カナリア  花組 匠 ひびき 大鳥れい  2001年12月28日
 シアタードラマシティ
半人前の悪魔ビムと少女が織りなすラブ・コメディ
1783  琥珀色の雨に濡れて   2002年4月5日
 宝塚大劇場
1920年代のパリを舞台に4人の男女が織りなすフランス映画風心理劇。1984年の初演と同じ花組で再演。
1784  Cocktail−カクテル− 匠ひびきの退団公演のショー。カクテルをイメージし、ダンサー匠にふさわしいダンスショーとなっている
2390  ささら笹舟 雪組 貴城けい 紺野まひる  2000年5月1日
 宝塚バウホール収録
明智光秀と彼の影武者である実弟・影秀、そしてふたりを同時に愛した妻の物語。二役に挑戦した貴城けいが話題を呼んだ
3152  DAYTIME HUSTLER〜愛を売る男〜 天勢いづる  2005年11月10日
 宝塚バウホール収録
高校教師からハスラー(エスコート・ホスト)に転身し、殺人事件に巻き込まれた男を、貴城けいが爽やかな格好良さで演じる。
3286  維新回天!竜馬伝
  硬派・坂本竜馬 III
宙組 紫城るい  2006年12月8日
 宝塚大劇場
トップコンビ・貴城けいと紫城るいの、宝塚大劇場でのお披露目であるとともに、退団公演ともなった作品
3287  ザ・クラシック
4150  カルーセル輪舞曲(ロンド)  月組 珠城りょう 愛希れいか  AVCREC モン・パリ誕生90周年 レヴュー・ロマン
4300  激情  2016年 AVCREC P.メリメの小説「カルメン」をモチーフにした人気作に、月組トップ就任前の珠城りょうが愛希れいかと挑んだ全国ツァー作品。宿命の女に翻弄される男を情熱的に描く。
     
0963  新源氏物語  月組 剣 幸 朝凪 鈴  1980年7月上演 
0964  川霧の橋  こだま 愛  1990年
 DIGITAL Hi-Vision
剣幸サヨナラ公演。山本周五郎原作。大工棟梁の家をめぐって交錯する人間模様。
0965  ル・ポアゾン 
    〜
愛の媚薬
 DIGITAL Hi-Vision
1005  ザ・ドリーマー 
0966  ときめきの花の伝説   ラスト・ステージ 
     
0967  アナジ  雪組 轟 悠 星奈優里
0973  レ・シェルバン  花總まり  1997年 宝塚大劇場 宝塚らしいダイナミックで豪華なレビューで、轟悠の主演男役お披露目作品。
0974  真夜中のゴースト  1997年 宝塚大劇場 古城に現れるゴーストがペンダントに託す願いとは…。轟悠の雪組主演男役お披露目作品。
1130  ザ・フィクション   1998年9月上演 18世紀に生きたカサノヴァの生涯を通じて現代に通じる男の生き様を描く。轟悠が1人12役を演じる贅沢で華やかな宝塚初‘一人ミュージカル’
0968  LET'S JAZZ 〜踊る五線譜〜 月影 瞳  1997年公演 ジャズが誕生してから約100年。ジャズの魅力をショー化、ジャズの楽しさや躍動感に溢れたショー
0969  ラヴィール   '98年・宝塚大劇場 タイトルは「心を奪う」という意味。宝塚伝統の豪華絢爛なレビューに、テンポのある現代的なダンス場面を織りまぜた華やかな作品
0970  再 会   1999年4月16日 現代のモナコを舞台に、「偽りから始まった恋」をお洒落な大人の恋物語として描いたオリジナル・ミュージカル。
0971  浅茅が宿   1998年9月11日上演 
0972  ノバ・ボサ・ノバ 
  −盗まれたカルナバル−
 1999年公演
  宝塚大劇場
ブラジルは「リオのカーニバル」を舞台に展開する人間模様をドラマティックなミュージュカル・シーンで見せる故鴨川清作の残した傑作。歴史的な名場面といえる終曲のダンス・ナンバーに向かって舞台は華麗に展開していく
3281  華麗なる千拍子 '99
  −高木史朗作品より−
 1999年上演 昭和35年に初演され東京公演が芸術祭賞を受けた不朽の名作の再演。単なるリメイクに止まらず新しいリズム(千拍子)をテーマに構成。
1322  ミュージカル・プレイ 「凱旋門」  2000年8月4日
 宝塚大劇場
第二次世界大戦前夜のパリを背景とした人間ドラマ
1323  デパートメント・ストア   2000年7月上演
 宝塚大劇場
「CSデジタル」放送。老舗百貨店が時代の変遷と共にリニューアルオープンするまでを描いたショー。正塚晴彦初の大劇場ショー作品
1480  猛き黄金の国 
    士魂商才!
    岩崎彌太郎の青春
 2001年3月上演
 宝塚大劇場
 DIGITAL Hi-Vision
三菱財団の基礎を作り国家と経営に命を懸けた男の生涯を描く
1481  パッサージュ −硝子の空の記憶−  2001年3月16日
 宝塚大劇場
古き良き時代、パリの古いアーケード“パッサージュ”を舞台にシャンソンにのせて送るレビュー。百年前のパリにタイムスリップしたかのようなノスタルジックな世界を描く。
1787  愛もえる −呉王夫差−  2001年/宝塚大劇場 呉国の王城を舞台にした呉王夫差と絶世の美女・西施の恋物語。中国の日本大使館後援による本格的な衣装に注目。(轟悠ラスト公演、月影瞳サヨナラ公演)
2176  Rose Garden  2001年公演
 宝塚大劇場
コンビ ラスト公演。バラの花をテーマにした優美なロマンチック・レビューシリーズ
4279  For the people
 〜リンカーン 自由を求めた男〜
花組 英真なおき  2016年2月17日 大阪
 AVCREC収録

 ニュー・マーク
アメリカ史上最も偉大といわれる大統領エイブラハム・リンカーンが理想の国家を実現するまでの波乱に満ちた生涯を描いたミュージカル。元雪組トップスターで現専科の轟悠が、自身初の“あごひげ”に挑戦し、リンカーン役を好演。本作は、第24回読売演劇大賞にて優秀作品賞、優秀女優賞(轟)、優秀演出家賞(原田諒)、優秀スタッフ賞(玉麻尚一)の4部門を受賞。
1006     
     
     
     
     










0944  バレンシアの熱い花  月組 榛名由梨 順みつき  1979年11月上演 
1477  ベルサイユのばら  初風 諄  1974年上演  演出 長谷川一夫。ベルばらブームの火付け役となった
2291  ザ・ビッグ・アップル 五條愛川  昭和56年公演 
3604  冬物語 花組 春野寿美礼 瀬奈じゅん  1999年3月12日
 バウ・ホール
「CSデジタル」放送。シェイクスピアの名作「冬物語」を江戸時代後半の歌舞伎の世界に置き換え、東西の歌舞伎役者を主人公に展開する
2089  あかねさす紫の花 大鳥れい  2002年8月
 福岡・博多座
トップお披露目公演。中大兄皇子・額田女王・大海人皇子たちの哀しい運命を描く万葉ロマンシリーズの傑作でこれが4度目の上演となる。
2309  野風の笛 ふづき美世  2003年6月20日
 宝塚大劇場
轟悠(専科)特別出演。徳川家康に「鬼っ子」として忌み嫌われ、養子に出された松平忠輝が送った波瀾万丈な生涯を、男たちの夢とロマンとともに描き出す慶長ロマン。
3346  レビュー誕生−夢を創る仲間たち−  2003年9月14日
 宝塚大劇場
轟悠(専科)特別出演。ショー創りに携わるスタッフたちの夢と創作活動をテーマに、舞台裏の人間模様と華やかな表舞台を描いたエネルギッシュなレビュー。
2508  アプローズ・タカラヅカ!  2004年2月6日
 宝塚大劇場
2702  TAKARAZUKA舞夢!  2004年
 宝塚大劇場
ギリシャ神話に登場する神々のなかからゼウスを主人公にし、神話に見る愛の形を華麗かつダイナミックに描いたレビュー。元X JAPAN のYOSHIKIの楽曲提供も話題に。
3796  La Esperanza−いつか叶う−  2004年
 宝塚大劇場
ブエノスアイレスを舞台に、挫折を越えて夢に向かい、惹かれあっていく若者の姿を描く。
3013  マラケシュ・紅の墓標  2005年
 宝塚大劇場
1920年代、モロッコ内陸部の都市・マラケシュを舞台に展開するエキゾチシズム溢れる大人の恋物語。
2934  エンター・ザ・レビュー “ダンスの花組”が魅せる、これぞ宝塚といえるゴージャスなレビュー。春野寿美礼の珍しい女役
3835  ASIAN WINDS!  2005年11月18日
 宝塚大劇場
日本、中国、韓国を中心とした“アジア”を取り上げたオリエンタル・ムード溢れるレビュー
3240  イン・コンサート
    「I GOT MUSIC」
   2005年9月21日
 東京 昭和女子大学
・人見記念講堂
春野寿美礼初のコンサート。歌唱力に定評のある春野の魅力満載のステージ
3284   明智小五郎の事件簿
 −黒蜥蜴(とかげ)−
桜乃彩音  2007年3月16日
 宝塚大劇場
春野寿美礼と桜乃彩音のトップコンビが、江戸川乱歩の名作に挑んだ、意欲的な公演。憂いを秘めた明智小五郎と、洋装から和装へ変幻自在に姿を変える女賊・黒蜥蜴(とかげ)のスリルに満ちた物語
3285  タキシード・ジャズ TUXEDO JAZZ ハイソサエティーの神話が生きていたころのアメリカがテーマの、華やかでかっ達なレビュー
3654  アデュー・マルセイユ  2007年10月5日
 宝塚大劇場
春野寿美礼のサヨナラ公演。30年代初頭のマルセイユを舞台に、ダンディーな男と清純な女の恋を描くピカレスク・ロマン風味あふれるミュージカル
0975  宝塚レビュー'90  星組 日向 薫 毬藻えり  1990年6月13日上演 
0976  紫禁城の落日   1991年12月上演 
1399  ベルサイユのばら
フェルゼンとマリーアントワネット
 1989年上演  物語の原点を追求
0977  炎のボレロ  南風まい  1988年6月上演   ラスト・ステージ
     
     
4142  Amour それは・・・  星組 北翔海莉 妃海風  2015年7月5日 大阪
 AVCREC
星組トップコンビによるロマンティック・レビュー。この公演で初めて観客の前でトップコンビとしての姿を披露した。
4204  LOVE&DREAM
〜第I部. Sings Disney/第II部. Sings TAKARAZUKA〜
 2016年1月27日 大阪
 AVCREC

 ニュー・マーク
宝塚歌劇団が、夢と魔法を世界に送り届けてきたディズニーの楽曲を披露するI幕。そして、宝塚の名曲を歌い上げるII幕からなる。
0978  友よこの胸に熱き涙を  月組 松あきら 若葉ひろみ
3606  メランコリック・ジゴロ
  〜あぶない相続人〜
花組 真飛 聖 桜乃彩音  2008年2月21日
  中日劇場
陽気なジゴロたちが一獲千金を企む夢物語を、笑いとペーソスの中に描いたミュージカル
3607  ラブ・シンフォニー II 「CSデジタル放送」。喜び、出会い、情熱・・・様々な愛の形、愛の心情を歌とダンスで綴るレビュー
3601  愛と死のアラビア
〜高潔なアラブの戦士となったイギリス人〜
 2008年6月 真飛聖と桜乃彩音の宝塚大劇場お披露目公演。19世紀初頭、アラブの戦士として生涯を終えた実在のイギリス人を描いた作品。
3602  Red Hot Sea 多くの物語やドラマを生んだ海、それを渡る風、カモメ、熱い砂浜、遠い水平線など、南の海をモチーフに繰り広げられる熱いショー
3864  太王四神記  2009年1月16日 ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマをミュージカル化。真飛聖・桜乃彩音を中心とした花組メンバーが個性的で魅力あふれる登場人物を演じている
3860  外伝ベルサイユのばら −アンドレ編−  2009年10月 名作“ベルサイユのばら”のサイドストーリー
3861  EXCITER!! 現代的でエネルギッシュなショー。
0979  エデンの東  花組 真矢みき 純名里沙
0980  花は花なり 
0981  ダンディズム!  1995年7月25日
 宝塚大劇場
「勇気」「孤独」「夢」など、男性のさまざまな魅力をテーマにおいて、「ダンディ」を表現する。真矢みきのお披露目公演でもある。
3530  ハイベリオン  1996年
 宝塚大劇場
ギリシャ神話の神“ハイペリオン”(高き者たちの意)から名を取った、美しくもダイナミックなショー。当時人気を誇った米米CLUBのオリジナル主題歌も話題となった
0982  SPAEAKEASY  千ほさち  1998年6月23日上演 
 スクイーズ収録 
「三文オペラ」をベースにしたミュージカルで、主役の‘マック・ザ・ナイフ’こと暗黒街の帝王マクフィスを真矢みきが演じる。ジャンポール・ゴルチェの衣装も見もの。
1324  ブルー・スワン   1997年上演  フォトグラファーのアレックスの正体は名うての怪盗ブルー・スワン。インターポールの刑事の罠にかかり、モンテベッキ公国の王女のティアラにはめ込まれたダイヤを狙うはめに・・・
0983  Ryoma  硬派・坂本龍馬!_2 
0984  失われた楽園
  〜ハリウッド・バビロン〜
 1997年 天才プロデューサーと新人女優の短くも激しくも燃え上がった恋を、1930年代後半、黄金時代の「夢の工場」ハリウッドに渦巻く野望と愛憎の中で描いた作品
0985  サザンクロス・レビュー   97年・宝塚大劇場 サザンクロス(南十字星)が輝く南半球を舞台に、極彩色のカルナバルの中で繰り広げられるドラマティックなレビュー。
0986  ザッッ・レビュー   スクイーズ収録 
0987  スナイパー 恋の狙撃者  1998年6月12日
 スクイーズ収録 
さよなら公演。これまでに上演されたさまざまな宝塚作品のレビューの場面に材をとり、それらをアレンジして構成
0988  エル・ドラード  月組 真琴つばさ 風花 舞  DIGITAL Hi-Vision
 1997年上演
トップ披露公演
0989  黒い瞳 
  −プーシキン作「大尉の娘」より−
 1998年公演 ロシアの文豪プーシキン原作の「大尉の娘」をモチーフに、ロシア帝国の圧制下に喘ぐコサック民族の反乱の中、民族と身分を越えた純粋な愛を描いた作品
0990  ル・ボレロ・ルージュ   1998年公演 人の心を揺さぶり、血をたぎらせるリズム、ボレロに代表される様々な民族のエスニックなリズムをテーマにしたショー。アルベルト城間作曲、真琴作詞の「情熱の翼」も話題に
1068  螺旋のオルフェ 壇 れい  1999年 宝塚大劇場 ギリシャ神話オルフェウスの伝説をベースに、愛する人を失った悲しみと切なさを描く。ナチスの将校・イブは、レジスタンスの女スパイであるアデルを愛し、ドイツ軍を裏切る。・・
1069  ノバ・ボサ・ノバ
     〜盗まれたカルナバル〜
 1999年6月18日上演 宝塚オリジナル・ショーとして好評だった作品の再々演。ブラジル・リオのカーニバルを舞台とした歴史に残る名作レビュー
1169  タカラジェンヌ 北京に踊る
第一部 ジャパンファンタジー「夢幻花絵巻」
第二部 グランドレビュー「ブラボー!タカラヅカ」
 1999年10月30日上演 
1881  うたかたの恋  1999年11月25日上演
1242  LUNA 〜月の伝言〜  2000年3月上演
 宝塚大劇場
月から渡来した古代人の遺伝子をもつカリスマ・ソングライター、アレックスが遭遇するミステリアスな古代ロマン
1243   BLUE・MOON・BLUE
    −月明かりの赤い花−
 2000年公演 中東からアジアの神話や風俗を織り交ぜたショー!ミュージカル。テーマ曲をTHE ALFEE の高見沢俊彦が担当
1418  真琴つばさスペシャル 
  〜夢の中、翼にのって〜
 DIGITAL Hi-Vision 2001年6月14日に宝塚大劇場内エスプリホールで公開収録。150人のWOWOW視聴者の前で真琴つばさが自身の過去のステージ映像を観ながら、活動の奇跡や宝塚卒業への思いを熱く語るトークを中心に、宝塚大劇場公演千秋楽の貴重な映像、最終稽古風景なども登場する。
1419  ゼンダ城の虜 壇 れい  2000年10月上演  
 宝塚大劇場
国王そっくりの青年貴族が、政権争いに巻き込まれた王を救い出すまでを、美しい姫との恋、王権を狙う大公、破天荒な伯爵などをからめて描く。時は19世紀、舞台は仮想の小国ルリタニア。王と瓜二つの主人公が、政権争いに巻き込まれ姿を消した国王アドルフの替玉となり、自らゼンダ城の見張り塔にいる王を救出に赴く。美しい姫とのかりそめの恋を織り交ぜたドラマティック・ストーリー。
1429  Jazz Mania 全編を通じて音楽にジャズが使われ、ジャズの様々な楽しさや魅力を存分に味わうことができるショー。特に第13幕の、衣装の白と黒のコントラストが印象的な「ブギブギ・ニューヨーク」は、ヴィジュアル的にも見どころ。
1633  プラティカル・ジョーク
  〜わるふざけ〜
    ってことにしといてくれよ
 2001年3月19日上演  
 大阪
 シアター・ドラマシティ
舞台は60年代のハリウッド。映画の世界の裏で生きるドイルの仕事はスキャンダルを事前に処理すること・・・
1704  ESP !!  2001年6月8日上演 真琴つばさのサヨナラ公演のショー。「ESPECILLY(エスペシャーリー)」(=特別に)をキーワードに繰り広げるファンタスティックなショー。真琴つばさのクールな魅力を存分に引き出している。専科の紫吹淳とのダンス合戦も見どころ
0991  去りゆきし君がために  雪組 汀 夏子 淡路通子  1980年上演 
1479  ベルサイユのばら 
    アンドレとオスカル
麻実れい
(アンドレ)
 1975年公演  汀夏子がオスカル、麻実れいがアンドレを熱演
2289  ザ・レビュー 高宮沙千  昭和52年公演  第一部「アイ・ラブ・レビュー」(ゴールド・ディガーズへの夢)第二部「ビバ・タカラヅカ」第三部「ファンタジー夢人」(夢に生きてみませんか?)
1398  Elegy 哀歌 星組 稔 幸 秋園美緒  1997年バウホール公演 中世古典劇「トリスタンとイゾルデ」をミュージカル化。
1123  我が愛は山の彼方に  星奈優里  1999年11月2日上演  
 スクイーズ収録 
10世紀の朝鮮半島、高麗国の武将・朴秀民の婚約者万姫は隣国の襲撃で囚われの身となり、そこで出会った将軍チヤガムと恋におちる・・
1124  グレート・センチュリー
  〜メモリーズ&メロディーズ〜
 1999年11月2日 20世紀の代表メロディーをピックアップしたグランドレビュー
1482  Love Insurance  2000年3月 大阪
 シアター・ドラマシティ公演
クールな探偵が病で亡くした昔の恋人とそっくりの女性と出会って・・・
1743  美麗猫
 (ミラキャット)
 2000年公演 美しい猫が時を超えて生まれ変わり、時代の寵児と繰り広げる恋とロマンを綴るショー。総勢 100 名を越えるショーのフィナーレは圧巻。
1307  花の業平 〜忍ぶの乱れ〜  2001年1月2日 美ぼうと才能にめぐまれた貴公子、在原業平を主人公に、平安貴族の世界を表した優美な王朝絵巻。
1608  夢は世界を翔けめぐる
  −THE WORLD HERITAGE2001−
 2001年1月公演 夢の化身である稔幸と星奈優里が演じる「風」と「翼」が世界中を旅し、そこで出会う世界遺産を舞台に展開していくさまざまな物語を盛り込んだロマンチックなショー
2116  ベルサイユのばら 2001
    〜オスカルとアンドレ編〜
 2001年9月21日公演 (オスカル)稔 幸 (アンドレ)香寿たつき (マリー・アントワネット)星奈優里
3064  ロミオとジュリエット 99 花組 水 夏希 彩乃かなみ  1999年6月29日
 兵庫/宝塚バウホール
2007年時点での雪組トップスター水夏希が、1999年花組バウホール公演に出演した作品。ジュリエットには同じ2007年時点での月組トップ娘役の彩乃かなみが扮した恋愛悲劇
2336  里見八犬伝 宙組 草凪萌  2003年8月8日
 兵庫/宝塚バウホール
滝沢馬琴「南総里見八犬伝」に新解釈を加えた鎌田敏夫 著「シナリオ 里見八犬伝」の舞台化
3548  JOYFULL II !! 雪組 白羽ゆり  2007年2月20日
 名古屋・中日劇場
美しい音楽を奏でる「楽器」にスポットを当てたファンタスティックなダンシング・レビューのリバイバル。本公演が主演コンビのお披露目となった
3674  ミロワール  2008年1月16日
 宝塚大劇場
「鏡」と「鏡の中のもう一つの世界」を、スタイリッシュなダンスとダイナミックな群舞でつづるショー。鏡が織りなすイメージがゴージャスな世界を描く
3654  ソロモンの指輪  2008年9月12日
 宝塚大劇場
古代イスラエルの王ソロモンの持つ指輪をはめると、ありとあらゆる動物の声を聞くことが出来たという伝説をモチーフに展開する、ファンタジックなショー作品
3655  マリポーサの花 カリブ海を舞台に、アウトロー的な生き方を表面では見せながらも、実は世の中の不条理に対して闘争心を燃やす男の生き様と、彼をしたう娘とのラブロマンスを描いた作品
     
     
0992  ラバーズ・コンチェルト  雪組 杜 けあき 鮎 ゆうき
0993  華麗なるギャッピー 
1586  花幻抄   DIGITAL Hi-Vision
0994  この恋は雲の涯まで  紫 とも  1992年上演
0995  忠臣蔵 ー花に散り雪に散りー  (1992年11月 宝塚大劇場)
 AVCREC
雪組トップスター・杜けあき(大石内蔵助)のサヨナラ公演に、旧宝塚大劇場建替え前の最終公演が重なった記念碑的な作品。松の廊下における刃傷事件から、吉良邸討ち入りに至るまでを描いた、グランド・ミュージカルです。
1396  ベルサイユのばら
   アンドレとオスカル編
一路真輝
(アンドレ)
 1989年上演 杜けあきと一路真輝のコンビでベルばらブームを再燃させた。娯楽に徹したテイスト
3561  A/L(アール)
   −怪盗ルパンの青春−
宙組 大和悠河 陽月華  2007年3月22日
 大阪 シアタードラマシティ
モーリス・ルブラン著「怪盗紳士」をもとに、アルセーヌ・ルパンの誕生から怪盗になるまでを描く冒険活劇ミュージカル。宙組の新主演コンビ・大和悠河、陽月華のお披露目公演。
3344  バレンシアの熱い花  2007年7月20日
 兵庫/宝塚大劇場
1976年、榛名由梨を中心にした月組で上演された作品の再演。19世紀初頭のスペインのバレンシアを舞台に、復讐と恋を多彩に描いたスケールの大きいミュージカルで、宙組の新主演コンビ大和悠河と陽月華の、宝塚大劇場お披露目公演。
3345  コズミック・フェスティバル
   「宙 FANTASISTA!」
宇宙に王子が誕生し、星々を巡る宇宙一周の旅へと出かける。誕生10周年を迎えた宙組の新しい出発にふさわしい、「宙」をテーマにしたエネルギッシュなレビュー。
3717  黎明の風
 〜侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦〜
轟悠(専科)  2008年2月22日
 兵庫 宝塚大劇場
戦後日本の復興と独立に「舞台裏」から尽力した白洲次郎の姿を描くミュージカル。平和へのメッセージを込め、白洲を専科の轟悠、マッカーサーを宙組トップの大和悠河が好演
3779  ダンシング・フォー・ユー 陽月華  2008年12月27日
 東京・宝塚劇場
「CSデジタル放送」。舞台にかける情熱、思い、愛、夢など、心と身体に溢れる熱きエネルギーをダンスに込めたショー。
3760  薔薇に降る雨  2009年5月15日
 兵庫 宝塚大劇場
宝塚歌劇宙組主演コンビ、大和悠河と陽月華のサヨナラ公演をお送りする。今回は第95期初舞台生が恒例のラインダンスを披露。
3761  Amourそれは・・・
3384  Hallelujah(ハレルヤ)GO!GO! 星組 柚希礼音 陽月華  2007年1月15日
 宝塚バウ・ホール
ダンスコンテスト優勝を目指す若者の姿を、ディスコミュージックのテイストで描いた青春ラブストーリー。若手中心のフレッシュなステージ
3846  ブエノスアイレスの風 夢咲ねね  2008年11月20日
 宝塚バウホール
ダンスに定評のある星組トップスター・柚希礼音がダイナミックなタンゴシーンを披露。ブエノスアイレスを舞台に、反政府ゲリラのリーダーがタンゴに新たな生き方を見いだす
3862  ハプスブルグの宝剣−魂に宿る光−  2010年1月 18世紀の欧州を舞台に野心に燃える男の生涯を描くミュージカル。藤本ひとみの有名な小説の舞台化。グラミー賞作曲家S・リーヴァイの主題歌も話題。
3863  BOLERO−ある愛− 男女の愛を幻想的に描いたショー。
     
1008     
4153  CRYSTAL TAKARAZUKA〜イメージの結晶〜 月組 龍真咲 愛希れいか  2014年10月17日 宝塚大劇場
 AVCREC
宝塚歌劇100周年公演
4193  ロック・ミュージカル
   NOBUNAGA<信長>〜下天の夢〜
 2016年7月 宝塚大劇場
 AVCREC

 ニュー・マーク
英雄・織田信長の生涯を、戦国乱世の同時代の群像と共に描くロック・ミュージカル。既存の価値観にとらわれず日本の新時代を切り開いた風雲児、信長の半生を描く作品らしい、日本物ミュージカルと現代性の融合が見もの。また、ある野望を秘めて信長に接近する、ローマ出身の騎士・ロルテスを演じるのは、龍真咲に代わって28年秋に月組トップスターに就任した珠城りょう。
4194  シャイニング・ショー Forever LOVE!! 永遠に輝き続ける“LOVE”をテーマに、さまざまな愛の形をスピーディーに、華やかに描いたレビュー。龍真咲の様々な魅力が織り込まれると同時に、月組トップとして歩んできた彼女の活動の集大成となる華麗なステージ。
     
     
     
1009  ミレニアム・チャレンジャー! 宙組 和央ようか 花總まり  2000年・宝塚大劇場 和央ようかを中心とする新生宙組の初めてのショー。組の歴史は浅いけれど、若さとフロンティア精神が溢れている宙組がチャレンジする、まさに無国籍感覚のグランド・ショー。十二支シーンは、TRF のダンサー SAM が振り付け
1355  望郷は海を越えて  2000年・宝塚大劇場 戦国時代に名を馳せた九鬼水軍の末裔、九鬼海人の半生を描くオリジナルミュージカル。エカテリーナII世時代のロシアと日本を舞台に活躍する若き日本人の波瀾万丈の生涯を描く。
1609  ベルサイユのばら 2001
 フェルゼンとマリーアントワネット編
 DIGITAL Hi-Vision フェルゼンとマリー・アントワネットの道ならぬ悲恋を中心に、原作に近い構成で描きあげた
1880  カステル・ミラージュ  2001年
 宝塚大劇場
砂漠の寒村に、蜃気楼の宮殿(カステル・ミラージュ)ならぬ夢の街「ラスベガス」を作り上げた男の愛と野望と挫折を描く。
2154  聖なる星の奇蹟
   〜いつか出会う君に
 2002年12月/大坂
 シアター・ドラマシティ
現代と19世紀の北欧を舞台に、時空を越えて繰り広げられるロマンチックなラブストーリー。
3629  ザ・ショー・ストッパー  2002年
 兵庫/宝塚大劇場
「ショー・ストッパー」とは、拍手でショーを中断させてしまうほどの優れたパフォーマンスを見せるスターのことで、そのスターたちをモチーフにした、ドラマティックなショー。
2434  白昼の稲妻  2003年/宝塚大劇場 19世紀前半のパリ。頭脳明晰な青年貴族アルベール・ドゥ・クレールと、かつてフランスを追われた公爵夫人クリスティーヌを軸に、パリの貴族の優美な、しかし権謀渦巻くサロンとパリの下町で「犯罪通り」と呼ばれる活気溢れるブールヴァール・デュ・タンプルを舞台に様々な人間模様を描き、人生の哀愁を浮かび上がらせる。
2435  テンプテーション! 第15弾をむかえるロマンチック・レビュー・シリーズ。ヴェトナムを舞台に熱く激しく悲しい恋物語を、現在流行のアオザイのファッションやフランスと中国の文化が混沌とした中で描いた場面、「テンプテーション」の曲に乗せて展開するダイナミックでスペクタクルな中詰などで構成した、芳醇なワインの味わいと華やかな香り漂う大人のレビュー。
2844  Crossroad
 〜すれ違うばかりじゃやりきれない〜
樹里咲穂  1999年5月11日/大坂
 シアター・ドラマシティ
ラテン系少数民族の血を引く青年が友情や恋愛に巡り合う様を、ジャズやラテン系の音楽にのせて描く。
2870  傭兵ピエール 花總まり  2003年3月14日
 宝塚大劇場
直木賞作家・佐藤賢一の同名小説を舞台化。百年戦争下の15世紀フランスを舞台に、ジャンヌ・ダルクと傭兵部隊の指揮官ピエールとの恋を描いたロマンチックな作品。
3825  満天星大夜總会
  −THE STAR DUST PARTY−
 2003年
 宝塚大劇場
タイトルは「夜空を埋め尽くすほどの星の大パーティー」という意味。香港や1920年代の上海のグランドキャバレーの雰囲気を醸し出す、オリエンタルムード溢れる華やかなレビュー
2932  BOXMAN
−俺に破れない金庫などない−
 2004年3月27日
 大坂/シアター・ドラマシティ
本作で男役の和央ようかと娘役の花總まりの2人はみごとなコンビを披露して、第29回菊田一夫演劇賞を受賞した。
2976  ファントム  2004年5月28日
 兵庫/宝塚大劇場
ミュージカルの名作「オペラ座の怪人」を宝塚ならではのロマンチックなアレンジで上演
3207  ホテル・ステラマリス  2005年1月
 兵庫/宝塚大劇場
コミカルタッチなヒューマン・ドラマ。
3208  レビュー伝説 ノスタルジックでレトロなパリ・レヴュー。
3630  ネオ・ヴォヤージュ  2005年9月2日
 兵庫/宝塚大劇場
刺激と発見に満ちた“夢の旅”を描くバラエティー豊かなショー。北極海に沈んでいた海賊船から蘇った男たちが未来を目指し、南の島へ冒険に出る
3045  NEVER SAY GOODBYE 
         〜ある愛の軌跡〜
 2006年4月
 兵庫/宝塚大劇場
和央ようかと花總まりのサヨナラ公演。人気カメラマンと女流作家の恋物語をベースに、平和を願う強いメッセージがこめられた舞台。ブロードウェイのヒット・ミュージカル「ジキルとハイド」の作曲家フランク・ワイルドホーンが全曲書き下ろした新作ミュージカル。
 
< 宝  塚 >
 
 










*
「宝塚」巻頭ページ へ
*
前ページ」へ戻る
 
HOME